Tim Olive’s work, utilizing magnetic pickups and analog electronics, is predicated on collaboration. Extensive live action in North America, Asia, Europe and Australia has provided opportunities to play with a wide range of musicians in event-specific one-off contexts, as well as ongoing performing/recording collaborations with Anne-F Jacques, Takuji Naka, Jason Kahn, Alfredo Costa Monteiro, Makoto Oshiro, Takahiro Kawaguchi, Nick Hoffman, Crys Cole, and Francisco Meirino,Ben Owen and Jeffrey Allport. Other recent collaborators include Frans de Waard, Kostis Kilymis, Richard Kamerman, Nate Wooley, Jin Sangtae, Madoka Kouno, Carl Stone and Tetuzi Akikyama.

 

エレクトリック・ギタリスト/ベーシストTim Oliveは、長年に渡りインプロヴィゼーション演奏を行ってきた。一定のリズムや音階を排し、ノイズやテクスチャーを重視、金属弦やマグネティック・ピックアップ、シンプルなアナログ・エレクトロニクスを用いて、音の可能性を探求している。

ライブの活動範囲は北米、アジア、ヨーロッパ、オーストラリアに広がり、幅広いジャンルのミュージシャンとの一期一会のコラボレーションを行う。同時に、定期的なコラボレーションとして、Alfredo Costa Monteiro、中琢爾、Francisco Meirino、大城真、川口貴大、菊池行記、石上和也、Cal Lyallらとライブやレコーディングを行っている。その他、最近の共演者として、河野円、Haco、Jin Sangtae、Ryu Hankil、Choi Joonyong、Nate Wooleyなどがいる。

カナダ出身、神戸在住。日本、ヨーロッパ、北米のレーベルからCDをリリースし、MusicworksやSignal To Noise、The Sound Projector、The Wireなどの音楽雑誌で高く評価されている。最近、みずからのレーベル845 Audioを立ちあげた。